仕事と職種Top >  運輸業の職種 >  運輸業の職種

運輸業の職種

運輸業の職種を紹介します。


■トラック運転手
全国各地を走り回り、目的の貨物を得意先やお客様の元へ届けるのがトラック運転手。
日本において陸運のほとんどがトラックによる輸送を行っており、経済の血液とも呼ばれ重要な役割。
長距離運送から近場を何度もサイクル運送する短距離まで、目的、配送先に応じて仕事内容が様々。


■バイク便ライダー
都会の交通事情で活躍するバイク便ライダーは、約束された時間通りに、お客様の所まで荷物を届けるのが仕事。


■セールスドライバー
主な仕事の内容は依頼された荷物を個人宅や企業までお届け。
ミニトラックなどで行う運送会社も多く、女性の活躍が年々目立ってきています。


■航海士
航海士は航海計画に基づいて、安全に航海を行う事が任務となり、甲板部員の指揮、荷役管理などの業務を行う。
乗船した後、基本的に航海中は勤務扱いとなり、帰港した後長期の休暇が与えられると言った特徴がある。


■パイロット
パイロットは、ジャンボ旅客機のパイロットから小型機やチャーター機の操縦まで、空を飛ぶもの全てに幅広く分けられる。
パイロットの資格を取得する為には厳しい身体的条件と訓練を受け、又、資格継続の為にも訓練を受け続けなければなりません。


■電車運転士
分単位で決められている過密ダイヤを、安全に、正確に目的地まで運転するのが仕事。

関連エントリー

仕事と職種Top >  運輸業の職種 >  運輸業の職種



更新履歴