仕事と職種Top >  アパレル関係の職種 >  アパレル関係の職種

アパレル関係の職種

アパレル関係の職種について紹介したいと思います。


1.ブランド・マネージャー
TVや雑誌等で紹介される事もありますが、ブランドにおける全体の総括責任者。

2.デザイナー
常に流行の先を読み、また流行を作っていくクリエーター。
消費者の望む商品のデザインをすると共に、ブランドコンセプトや自らのイメージを具現化する。

3.パタンナー
デザイナーのデザインを「パターン」と言われる型紙を作成し、立体的な服の形に仕上げる。
デザイナーとのコミュニケーション力が要求される職種

4.プレス
ブランドにおけるイメージを演出し、報道関係者や世間に伝える広報の窓口。
ファッション業界における動向や、競業他社の動向なども把握し、自社ブランドの宣伝をどうすれば良いか常に考えなければならない。

5.マーチャンダイザー(MD)
ブランドにおける商品企画から販売まで、商品に関しての総責任者。
ブランドのコンセプトに即した商品の企画から商品化、販売に至るまでの、売上、利益、人事管理など全責任を負う。
よって、一般企業以上に広範囲のスキルが要求されるポストである。

6.カラーリスト
デザインにおける色彩のスペシャリスト。
もともとはデザイナーがカラーリングを行っていたのですが、専門職になってきたのは近年の事です。
流行色をより敏感に分析し、デザインと組み合わせる事で最高のイメージの演出となります。
色の果たす役割が高まってきている事で専門職の必要性が高まってきたのです。

7.生産管理
「モノ」を生み出す業種には常に必要な裏舞台のプロデューサーです。
生地の調達や服飾の福祉材の調達、生産工場との折衝や生産計画など生産工程における全てを管理する。

8.セールスマネージャー
販売のプロフェッショナルで、販売戦略の実践、ブランドの個別ショップのサポート、販売先の開拓やセールス活動など営業管理も行う。
売上が伸びるかどうかはセールスマネージャーの腕次第です。

9.ショップマネージャー
「店長」の事です。
当然個々のショップにおける総管理を行いますので「人、物、金」を使い、最大の成果を上げなければなりません。
お客様との接点でもあるショップの責任者の為、現場最前線の指揮官であると言えます。

10.バイヤー
近年人気が急上昇しているバイヤーの仕事は、各ショップのコンセプト、顧客のターゲットを理解し、商品の買い付けや交渉を行う。
時には決断力も必要だが地盤にはしっかりしたビジョンを持って買い付けしないと後で大変な事になってしまうので責任のあるポストである。

関連エントリー

仕事と職種Top >  アパレル関係の職種 >  アパレル関係の職種



更新履歴